給食管理イメージ(食堂)

施設などの献立作成と栄養報告をサポートする給食管理ソフト・・・施設給食編

特養や老健などの特定給食施設のほか、学生寮、事業所給食などにもおすすめのソフトです。

献立作成と給食管理帳票(献立指示書、食品構成表、栄養出納表、栄養報告ほか)の出力、さらに発注業務をサポートする団体給食向けの給食管理ソフトです。

施設向け給食管理システム「桔梗」、および保育園向け給食管理システム「りょうかんさん」をご利用いただいているお客様はこちらのソフトをご検討ください。

特定給食施設をはじめ、さまざまな団体給食において献立作成と給食管理をかんたん操作で実現する業務用パソコンソフト

● 多次元のグラフにより食事摂取基準にきっちり準拠しています

食事データの栄養価集計結果は ニュートリションライナー 独自の表現により、多次元の栄養評価を一枚の帳票に出力します。

各栄養素の摂取量と指標値(推定平均必要量推奨量目安量目標量耐用上限量)および位置関係(どれくらい近いか離れているか)を数値とグラフで表現します。加えて不足の心配ややあり不足の心配ほぼ無し、標準的摂取量健康維持に好適および摂取過多摂取基準外を色分けによって表すことで、日本人の食事摂取基準に準拠した栄養評価をわかりやすく確認することができます。

● 0歳から高齢者まで世代を選ばずにご利用いただくことができます

全世代対応イメージ日本人の食事摂取基準により、0歳から70歳以上までの被給食者を自由に組み合わせて給食管理の範囲を設定します。そして算出された栄養給与基準と日々の栄養給与量を比較することで、栄養評価も簡単に確認することができます。さまざまな施設や団体給食に柔軟に対応することができます。

● 複数の施設の給食管理にもきちんと対応します

ニュートリションライナー 施設給食編 では、栄養給与基準や日々の献立情報と食数などを一つの給食データ(ファイル)として管理しています。給食データを施設や食種ごとに管理することで複数の施設の給食管理にもきちんと対応できます。

◎ 複数の施設も自由な組み合わせでまとめて発注書を発行

単独の施設での発注処理はもちろん、管理する複数の施設を組む合わせて一緒に発注処理を行なうことができます。また、発注処理はそれぞれ献立や料理と同様、ファルダに分けて管理しておくことができます。

◎ 料理データをメールに添付してかんたん送信

日々の献立データや作り置きした料理データは、各々のライブラリで管理して随時活用することができます。さらに、インポート・エクスポート機能によりWindows配下のファイルとして入出力することにより、メールに添付してほかのPCとの間で送受信も可能です。

シンプルなデザインですぐにご利用可能

● 簡単な基本情報の設定で栄養摂取目標を算出します

被給食者(給食を食べる人)情報の設定

被給食者情報設定画面被給食者の情報を設定することで、食事摂取基準をもとにした栄養摂取目標を簡単に設定できます。年齢、性別等に合わせて人数を設定することで、栄養摂取目標の値を算出します。

一日当たりの重みの設定

一日の重み設定画面

食事は朝食、昼食、間食、夕食に分けて登録します。一日当たりの重みを設定することで昼食のみや、朝食と夕食など、柔軟に給食を管理することができます。

栄養摂取目標は自由に変更可能

栄養摂取目標確認画面被給食者の情報と一日当たりの重みをもとに食事摂取基準をベースとした栄養摂取目標を算出します。この目標値は必要に応じてて変更可能となっています。

● 食品群別荷重平均成分表と食品構成表の作成も登録済みの献立からすぐに作成できます

食品群別荷重平均成分表

食品群別荷重平均成分表画面食品群別荷重平均成分表は、任意の期間から任意の期間の献立から自動的に計算して出力します。また、変更も自由に行うことができます。

食品構成表

食品構成表画面

食品群別荷重平均成分表をもとに食品構成表(食糧構成表)を簡単に作成できます。

● 日々の献立入力は保存データが増えるごとに効率アップします

◎ 献立の日付を選択

ダイアリー画面

日々の献立の編集は、カレンダーの中から当該の日付を選んで行います。

編集する画面は一度に複数表示することができます。一定期間の献立をコピーしたり、主食や特定の料理を一括登録したり、既登録の献立や料理を利用して業務の効率化を実現します。

献立作成(料理作成と料理検索)

献立作成画面献立の作成は新規で作成する料理を登録するか、または料理ライブラリに保存の料理を登録するかで行います。

料理名をダブルクリックすることで、料理の内容を変更することができます。

◎料理作成(材料の設定)

料理作成画面料理は材料と正味量または準備量を設定することで完成します。材料は食品番号の直接入力による設定のほか、簡単文字列検索による設定、さらに食品群からの検索による設定により行います。

● 栄養価集計によりいつでも献立の栄養価を確認できます

食品群別集計表と糖尿病交換表・腎臓病交換表

栄養価集計画面登録した日々の献立はいつでも栄養価集計することができます。また、クリップボードを利用することで、計算結果をEXCELに貼り付けることも可能です。

栄養摂取量と栄養摂取比率

PFC比率グラフ画面栄養摂取量状況画面登録した日々の献立と基本情報をもとに栄養摂取状況や栄養摂取比率を数値とグラフで出力します。

● 各種帳票の出力により特定給食施設の栄養報告を支援します

帳票選択画面食数の設定は基本情報から一括入力することができ、また日々の変更も可能です。

設定した食数と献立情報をもとに以下の帳票イメージをPDFで出力します。

  • 料理明細表
  • 料理材料表
  • 栄養価一覧表
  • 献立表(月間/食事別月間/週間ほか)
  • 予定実施献立表
  • 食数表
  • 献立指示書(料理メモあり/なし)
  • 検食簿
  • 栄養報告
  • 栄養出納表
  • 栄養給与基準(栄養給与目標)
  • 栄養摂取状況(食事摂取量:栄養給与基準)
  • 食品群別集計表
  • 糖尿病交換表
  • 腎臓病交換表
  • 食品群別荷重平均成分表
  • 食品構成表

帳票のサンプルについては ”施設給食編 帳票サンプル集” をご覧ください。

ソフウェア概要

名称

ニュートリションライナー 施設給食編 V3

価格(税込み)

(ご利用ライセンス)

USBライセンス:65,000(71,500)円(PCを限定せずにご利用可能です。)

ただし、ニュートリションライナ2015(V2)からのバージョンアップ:20,000(22,000)円  ニュートリションライナー2015をご利用の皆様に新バージョンのご案内 をご覧ください。

3PCライセンス(1年):15,000(16,500)円(3台までのPCでご利用いただけます。)

※ インストールの日から30日間はご利用ライセンスが不要です。

※ PCライセンスの認証はにはインターネット環境を使用しません。ライセンスキーはPCごとに必要となります。なお、PC移行(変更)の場合も新たなPCライセンスが必要となります。

動作環境Windows10  Windows8.1

インターネット接続は不要です。

Windows7 でのご利用につきましては、マイクロソフト社のサポート終了に伴いましてインターネット接続環境でのご利用は適応外とさせていただきます

ADOBEREDER帳票の出力は Adobe®Reader®によって行います。ご利用中のパソコンにインストールされていない場合は、右のボタンをクリックして無料ダウンロードしてください。

※Adobe®Reader®はアドビシステムズ社の米国および各国での商標、または登録商標です。 

収載データ日本食品標準成分表2015(7訂)(文部科学省資源調査分科会)

日本食品標準成分表2015(7訂)脂肪酸成分表編(抜粋)(文部科学省資源調査分科会)

※ オリジナルの材料は件数を気にすることなく追加登録可能です。

まもなく「ニュートリションライナー V3(八訂版)」のご案内を開始します

栄養摂取指標日本人の食事摂取基準(2020年版)
外部データの

読込み

● 施設向け給食管理システム「桔梗」(弊社にてデータ変換を行います。)

● 保育園向け給食管理システム「りょうかんさん」(弊社にてデータ変換を行います。)

● ニュートリションライナー Ver.1.0 および Ver1.1(弊社にてデータ変換を行います。)

● ニュートリションライナー Ver.2.0(弊社にてデータ変換を行います。)

 

バージョン情報

ニュートリション ライナー は、お客様からのご意見やご要望にお応えして予告なく機能の追加等を行う場合があります。

バージョン更新年月日更新内容ダウンロード
Ver.3.0.0.62020/10/24ニュートリションライナー V3シリーズ(八訂版)のプレリリース版です。

日本人の食事摂取基準(2020年版)対応です。

まもなく「ニュートリションライナー V3(八訂版)」のご案内を開始します

無料ダウンロード
Ver.2.0.7.332020/6/19ニュートリションライナー2015(V2)の最新バージョンです。

発注書作成の不具合を修正しました。

現象:給食管理システム「桔梗」から継承した料理が含まれる場合、材料の欠落が発生することがあります。

対応:本バージョンをセットアップしてください。セットアップの前にはバックアップの作成をお願いいたします。

無料ダウンロード

 

試用版ソフトをCD(無料)でお申込みの場合は

試用版ソフトのCDをお申込みの場合は以下のボタンをクリックしてお進みください。

「試用版CD申込み」ページへ